タブレット学習

【幼児向け】タブレット学習おすすめ教材を比較&選び方のポイント

幼児期の子どもたちは

スマホやタブレットに興味津々。

とはいうものの、まだ幼児期の子どもが

スマホやタブレットを使いこなして、

  • 長時間ゲームをしたり・・・
  • 動画を見続けたり・・・

するのは親としては抵抗があるもの・・・

そんなあなたにおすすめしたいのが、タブレット学習です!

 

タブレット学習は、子どもたちが興味を持って、

ゲーム感覚で楽しく取り組んでくれるんです!

 

りこママ
りこママ

最近では、幼児向けのタブレット学習教材も

増えてきているんですよ!

 

ということで、こちらでは、

  • 幼児向けタブレット学習のおすすめ教材
  • 条件別★タブレット学習教材の比較(対象年齢・タブレットの有無)

について保育士目線でお話ししていきます!

 

幼児向け★タブレット学習のおすすめ教材

まず、幼児向けのタブレット教材を選ぶ際に

チェックしたいポイントとして・・・

  1. 対象年齢
  2. 専用タブレットの有無
  3. 料金
  4. 故障時の保障内容
  5. きょうだいで使えるかどうか

があげられます。

こちらでは、それぞれのポイントについて

比較していきます。

 

 

対象年齢別★タブレット学習のおすすめ教材

 

タブレット学習の教材を選ぶ際に大事なのが、

子どもたちにあったレベルのものを選ぶこと!

その参考になるのが対象年齢です!

 

問題が難しすぎるとうまくいかず、

子どもたちがやる気や自信をなくしてしまい、

苦手意識が大きくなってしまいます・・・

 

また、問題が簡単すぎても

サクサクできてしまってすぐに飽きてしまうことに・・・

 

こちらでは、タブレット学習教材を選ぶ目安として

おすすめのタブレット学習教材を

対象年齢別に比較していきます。

年少児(3~4歳)から

 

対象年齢が3~4歳の年少児さんから使える

タブレット学習教材は以下のとおり!

 

  • 天神タブレット版(0~6歳)
  • Amazon Kids+(3~12歳向け)
  • すまいるぜみ年少冬コース(年少さんの12月から)
  • できるーと(4.5.6歳)

 

3歳から使えるタブレット学習教材は

4歳以降に比べるとちょっと少なめ・・・

 

その分選びやすいですが、

教材の内容を吟味するのは難しいかも!

 

りこママ
りこママ

そんなこともあってか、

すまいるぜみの年中コースなどの

年中さん向けのタブレット学習教材を使って

先取りで受講している人も多いようです。

 

年中児(4~5歳)から

 

対象年齢が4歳からとなると、

タブレット学習の教材の幅がぐんと広がります。

 

  • すまいるぜみ(年中コース)
  • ワンダーボックス(4歳~小学4年生)
  • RISUきっず(年中後半~年長児向け)
  • Amazon Kids+(3~12歳向け)
  • できるーと(4・5・6歳向け)
  • 天神タブレット版(0~6歳)

 

選び方としては、選択肢が増えてくるため、

  • 料金
  • タブレットの有無
  • 教材の内容
  • きょうだいで一緒に使えるか?
  • 故障時の補償内容

などなど・・・

他の要素と合わせて総合的に判断するといいですね!

 

年長児(5~6歳)から

 

入学準備としてお勉強をスタートする子が多いこの時期。

  • スマイルゼミ(年長コース)
  • ワンダーボックス(4歳~小学4年生)
  • RISUきっず(年中後半~年長児向け)
  • AmazonKids+(3~12歳向け)
  • できるーと(4・5・6歳向け)
  • 天神(0~6歳)
  • チャレンジタッチ(年長冬~)

 

年長さんの冬からは

チャレンジタッチが加わってきます。

 

こちらは、年長児向けの「こどもちゃれんじじゃんぷ」の

受講者限定となっています。

 

別途申し込みをすることで、

「チャレンジタッチ」の入学準備セットを

無料で受け取ることができます。

 

ただ、

  1. 今受講している「こどもちゃれんじじゃんぷ」を続けること
  2. 1年生の4月まで「チャレンジタッチ」を受講すること

が条件となっていますのでご注意を!

 

ちなみに2020年は、12月中旬から

専用タブレットが発送されるとのこと!

 

冬休みからタブレット学習を始めるのにはぴったりですね!

 

【きょうだい向け】対象年齢に幅があるもの

 

対象年齢に幅があるタブレット教材は

きょうだいで一緒に使えるのがうれしいところ!

 

対象年齢に制限がなく、

きょうだいで一緒に使う際の追加料金の有無や条件は次のとおり!

①追加料金が無料のもの
  • AmazonKids+( きょうだいの追加料金なし)
  • 天神タブレット版(1台に3人までのお子様が追加料金なし)
  • できるーと(追加料金なしで3人まで追加料金なし)

 

②追加料金が発生するもの
  • ワンダーボックス (きょうだい1人追加ごとに1850円の追加料金)
  • RISUきっず(きょうだい2人目以降は25000円。通常より4760円割引)

 

りこママ
りこママ

「すまいるぜみ」はきょうだいで

タブレットを共有することはできませんが、

きょうだい割引キャンペーンをしている時期があるので、

チェックしてみてくださいね!

 

家にあるタブレットで使えるタブレット教材

タブレット学習には・・・

  1. 家にあるタブレットを使って学習するもの
  2. 専用のタブレットが送られてくるもの

の2パターンがあります。

 

今、持っているタブレットを使って

タブレット学習をしたい方にはこちらがおすすめ!

 

  • ワンダーボックス
  • できるーと
  • AmazonKids+

 

「AmazonKids+」に関しては、

「AmazonFireKidsモデル」というタブレット限定で

使えるタブレット教材となっていますので、ご注意を!

 

専用のタブレットが送られてくるタブレット教材

専用のタブレットが送られてくる教材はこちら!

  • 天神タブレット版
  • すまいるぜみ
  • RISUきっず
  • チャレンジタッチ

 

りこママ
りこママ

専用タブレットを使う際は、

万が一タブレットが故障した時の保障内容を

チェックしておくと安心です!

 

タブレット学習を料金で比較

最後に、タブレット学習で気になるのが金銭面。

 

ただ、教材によって

  • 月払いと年払いでひと月当たりの金額が異なる
  • 一括払いしかできない
  • タブレット代が会費に含まれているかどうか

というように、

支払い形態や条件によって

金額にばらつきがあるため、

正確な比較していくのは難しいもの。

 

そのため、ざっくりとした印象として

高額なものから順に紹介すると・・・・

 

  1. 天神タブレット版(一括払い33万7800円 タブレット代込み)
  2. ワンダーボックス(ひと月当たり3700円~4200円)
  3. すまいるぜみ(ひと月あたり2980円~3600円+タブレット代9980円)
  4. RISUきっず(年払い29760円・ひと月当たり2480円)
  5. できるーと(1500円×3冊)
  6. AmazonKids+(AmazonFireKidsモデルを購入後1年無料)
  7. チャレンジタッチ(こどもちゃれんじの受講者は無料)

 

といったところです。

タブレット学習の料金比較の注意点

 

ただ、これだけではなく、

  • きょうだいで共有する際の費用
  • タブレット故障時の保障費用

などがプラスされることもありますのでご注意を!

 

また、年払いや半月払いでまとめて支払った方が

金額的にはお安くなることが多いもの。

 

ただ、万が一退会するとなった場合に

どのように返金されるのかも気になるところですよね?

 

その点も入会前にチェックしておくと安心です。

 

幼児向けタブレット学習のおすすめ教材

 

さて、ここからは、

これまで紹介してきたそれぞれの教材について

さらに詳しく解説していきます。

すまいるぜみ

年少冬から年長までが対象となっており、

幼児向けのタブレット学習教材の中では

最もメジャーなものないでしょうか?

 

取り扱っている分野は、

ひらがなやカタカナ、かずやずけい

のような学習的なことばかりではなく、

秋の虫の鳴き声だったり、視力検査の受け方だったりと

自然や生活に関することも取り扱っています。

 

毎月新しい問題が更新されるので、

Wi-Fiのある場所でダウンロードするようになっています。

 

さらに、問題を読み上げてくれるので、

まだ自分で問題を読むことができなくても大丈夫。

 

逆に自分で問題を読んで解いてほしい時は

読み上げる音声をオフすることもできますよ!

 

丸つけも自動で行ってくれるので

大人がつきっきりにならなくても

子どもがひとりで取り組めるようになっています。

 

前にやった問題を繰り返しすることができるので、

近所の子は、

まずは自分で解いた後、

遊びに来たお友だちと一緒にやってみたり、

お友だちに貸してあげたりといったこともしています。

 

Wi-Fiのある場所で問題をダウンロードすると、

通信環境がない場所でも使うことができるので、

いつも近所の子は庭で友だち数人と一緒にしています!

 

近所の子どもたちにも大人気な教材となっています。

 

RISUきっず

 

算数に特化したタブレット学習教材で、

対象年齢が年中後半から年長児となっています。

 

はじめる目安としては、

数字が読めるようになってから!

 

問題読み上げ機能がついているため、

まだ自分で読めなくても取り組むことができます!

 

教材の内容としては

1年生の算数の前半の内容の基礎固めが

主な内容となっています。

 

具体的には・・・

  1. かず
  2. たしざん
  3. ひきざん
  4. とけい
  5. 大きさ・長さの比較
  6. 仲間分け

といった基礎的な内容です。

 

これにプラスして、

思考力を養うような問題も用意されているので

応用力も育てることができます。

 

思考力とか応用力とか言うと

なんだか難易度が高そう・・・

 

なんて感じていましたが、

東大生らによるのサポート動画で

解説を見ることができるので大丈夫!

 

勉強って親が教えていると、

「自分でやりたいけどうまくいかない」という

反発心から感情的になってしまって

学習どころではない感じになってしまいますからね・・・

 

プロの力が借りられるのは心強いものです。

 

支払いは年払いで29760円のみとシンプル。

タブレット代や補償料もありません。

 

ただ、タブレット破損時は交換できますが、

  1. 交換費用5980円(送料込み)
  2. 再度保険加入のため、1,980円の支払い

が発生するのでご注意を!

 

ワンダーボックス

ご自宅にあるタブレットを使って学習する

今話題の「STEAM教育」を取り入れた学習教材です。

 

STEAMとは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)の頭文字をつなげた造語で、これら5つの領域を重視する教育方針です。

 

とある通り、広い分野をバランスよく取り扱っているのが特徴です。

 

アプリとキット(教材)のセットで学習していくことになるため、

タブレット学習と体験型の通信教育のどちらの良さも

併せ持っているのが最大の魅力です。

 

また、対象年齢が4歳から小4までと

幅広くなっているのも特徴です。

 

きょうだいでの利用はで3人まで

きょうだいひとり追加につき月額1,850円とのこと。

 

きょうだいで取り組むにもおすすめです!

 

 

天神タブレット版

今注目されている「モンテッソーリ教育」の考え方を

取り入れているタブレット教材です。

 

0~6歳児を対象としており、

乳幼児期を通して使うことができます。

 

子どもが自ら問題を選んで

主体的に学べるような内容となっています。

 

月払いや年払いではなく、

幼児期の教材を一括購入する形となるため、

33万円7800円と料金はかなりお高め。

 

早く始めれば始めるほど、

人数が多ければ多いほどお得になる料金形態です。

例えば、ざっくり計算すると、

0歳から始めれば

33万7800円÷6年=56300円/年

これを1か月に

換算すると56300円÷12か月=約4700円!

 

きょうだい3人までは追加無料なので、

きょうだいの人数で割るとさらにお安くなりますよね?

  • きょうだいがふたりなら約2350円
  • 3人だったら約1500円!

みたいな感じで計算してみてはいかがでしょうか?

 

とはいえ、33万7800円という高額なだけに、

手軽に始められるものではないなと

感じる方も多いのではないでしょうか?

 

そこにひとつ補足をすると、

そもそもモンテッソーリ教育は、

教具にお金や手間がかかるし、

しかも指導者に技術も必要だし・・・

 

モンテッソーリ保育の幼稚園での

研修経験もある元幼稚園教諭の私からしても

「モンテッソーリ保育」って

なにかとハードルが高いものなんです。

 

本格的にモンテッソーリ教育をするとなると、

  1. モンテッソーリ保育の幼稚園に行く
  2. 幼児教室に通う

といった選択肢があります。

 

ですが、現実には

幼稚園は選択肢がかなり少ないですし、

幼児教室はそれにプラスしてそれなりに費用がかかります。

 

そんな「モンテッソーリ教育」に理解がある方にとっては、

この金額も納得できるなぁという印象です。

 

できるーと

 

こちらは、本屋さんやネットでワークブックを購入するタイプの

タブレット教材です。

 

絵本や保育教材などを作っている

フレーベル館という幼児教育に精通した出版社が

作っているため、

子どもごころをかなり掴んでくれる

かわいらしいデザインです!

 

ワークブック1冊1500円程度で始められるので

ご家庭にタブレットさえあれば手軽に

タブレット学習をはじめることができます。

 

内容は算数に特化しており、

ワークとアプリの両方で学んでいきます。

 

アプリはご家庭で使っているタブレットに

アプリをダウンロードして使います。

 

基本的には親子で一緒に楽しむタイプの教材ですが、

慣れれば、子どもひとりでもできる内容です。

 

対象年齢は4.5.6歳となっており、

はじめてのタブレット学習にはおすすめです!

AmazonKids+

AmazonFireKidsモデルという

タブレットを購入すると1年間無料で使うことができます。

 

ちなみにタブレット代は

7000円から25000円くらいです。

 

2年目以降も月額980円、

プライム会員は480円とリーズナブル。

 

たくさんある教材から選んで取り組むタイプで、

対象年齢も3歳から12歳までと

紹介した中では最も幅広くなっています。

 

教材だけでなく動画も楽しめるような

子ども用のタブレットを用意したいと

考えている方にはおすすめです!

幼児向けタブレット学習★ご家庭に合ったものを!

 

幼児向けタブレット学習の教材を紹介してきました。

おすすめといっても、

タブレット学習の教材を

選ぶ条件はご家庭のよってそれぞれです!

  1. 対象年齢
  2. 子どもに身に着けてほしい内容
  3. 料金形態
  4. 補償内容
  5. きょうだいの共有

 

などのあなたの家庭での条件を考慮しながら

選んでみてくださいね!